カニ鍋をおいしく食べるための食材とシメ

カニ鍋

寒い冬の季節に食べる料理として定着している鍋ですが、中でもカニ鍋は人気です。
カニをメインにして食べるカニ鍋ですが、そんなカニの良さを引き出すためには他の食材もこだわったほうが良いです。

ではカニ鍋がどうやったらさらにおいしくなるのか、何の食材を入れれば、シメはどうすればいいのか、などを紹介していきます。

 

カニ鍋に入れる材料

まず、カニ鍋を寒い時期に食べる以上、他の食材も寒い時期に合うような食材にするのが適しています。
白菜、ネギ、豆腐などは鍋の定番的食材かもしれませんが、だからこそカニ鍋にもピッタリです。

白菜やネギは寒い時期になると特に甘みが増しますし、豆腐は火が通りやすいので熱々の状態で食べられます。また、カニから出た出汁が適度に染み込みますので、ほどよい味わいになります。

まさにカニと野菜の絶妙なコラボで、相乗効果によってお互いの良さが引き出されます。カニはそれぐらい主張が強いですので、他の食材はあっさりしていたほうが味のバランスは取りやすくなります。

 

カニ鍋のシメ

また、カニ鍋の最後のシメをどうするかによって満足感が左右されますが、人気なのは卵を入れた卵雑炊です。

カニはカニ玉があることからもわかるように卵との相性は抜群に良いです。そこへご飯を投入することで、さらに味わいを強調した卵雑炊が出来上がります。

卵雑炊はカロリーが高くなってしまうのでダイエット中の人にはあまり向かないかもしれませんが、それでも食べ過ぎなければOKです。

もともとシメとして食べるわけですから量を重視するわけではなく、そこさえ気をつけていればとてもおいしくカニ鍋を最後までしっかりと堪能することができます。

カニ鍋をするならカニの良さを引き出すような食材選びをしなければいけませんし、シメについても同様です。

カニ鍋は人の好みもありますから明確に何が正解というわけではないのかもしれませんが、食材選びやシメのオススメは上記した通りです。

ですので、カニ鍋をもっとおいしく食べたいなら、食材選びやシメが重要です。

カニ鍋するなら、こちらのおすすめカニ通販ランキングをチェックしてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ