蟹を美味しく食べるカニ料理の調理法【鍋以外】

カニ料理

蟹料理って、鍋以外にどんな料理があるのか?調理法も気になりますよね。
ここでは、蟹を美味しく食べるカニ料理を簡単な調理法と合わせてご紹介します。

「もうカニ鍋は飽きた。他のカニ料理が食べたいな。」とお思いなら、ぜひ参考にしてください。

カニをホットプレートでそのまま焼く

カニをホットプレートに乗せて、そのまま焼くことができます。
すると、魚焼き器がついていない部屋でも、食べることができるのです。

鍋だと、飽きてしまった、一人でカニを鍋以外で食べたいと思った時にはホットプレートで焼きましょう。すると、焼く時の香ばしい香りを堪能することができます。

冷凍しているものが多いので、焼く前に解凍しておきます。
その後に、ホットプレートで焼くとできます。心配な人は、ホイルの家で焼いても焼くことができますよ。

 

カニチャーハンを作る

カニを、解凍してほぐしたものをチャーハンの時に出来上がるちょっと前に入れて食べましょう。すると、普段のチャーハンをとても豪華にすることができます。

もしもほぐすことが面倒を思った時には、そのままチャーハンの横で置いてカニを焼いてもいいですね。風味豊な、おいしいカニチャーハンの出来上がりです。
ボリュームがあるし、暖かいまま食べることができるのは嬉しいです。

 

カニ入りお好み焼き

お好み焼きをする時に、少し豪華にカニを入れてみましょう。
それはカニの身をほぐしておいて、出来上がりのお好み焼きにのせるのがいいのです。そしてソースではなく、ポン酢で食べましょう。

めずらしいカニ入りお好み焼きの出来上がりです。

カニは、どんな料理でも食べることができます。
簡単に食べたいと思った時には、ホットプレートを活用するといいですね。

 

カニの天ぷら

カニは、そのまま食べやすいようにカットして、天ぷらにすると美味しいです。
通常の天ぷらと作り方は一緒ですが、かなり豪華な天ぷらが出来上がりますよ。

カニの天プラは、カニ鍋などとは全く違った味わいで蟹を堪能することができます。

 

カニコロッケ

カニの風味を閉じ込めた料理方法で、もっともエキスを感じることができるのはカニコロッケです。

これは、クリームコロッケであることが多いです。そのクリームを作る段階で、カニの身とエキスを入れるからです。

そしてそれをあげることにより、風味を閉じ込めることができます。アツアツの出来立てを食べたいですね。寒い冬など、最高のご馳走と言えるのではないでしょうか。

そして子供さんに、大人気なところもお母さんとしては嬉しいですね。たくさんカニの身を入れて、少し豪華に作ってみましょう。

カニ入りすり身揚げ

カニ入りすり身揚げとは、通常のすり身をあげるように、そのすり身にカニの身を入れるのです。
するとすり身揚げでも美味しいところに、カニの風味をふんわりと感じることができます。これも、熱々で食べましょう。

ご飯のお供にもなるし、お酒のツマミとしても、最高の風味を味わえます。
揚げ物にカニを入れて、少し贅沢な夕食にしてみませんか?

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ